みなさんの英語力はどのくらいありますか?ペラペラ?カタコト?全くダメ?しかし、興味があるなら英語マスターに挑戦してみましょう。
EIGO 英会話

上達のメカニズム

音声スピード(初級編)

簡単な英語表現なら、なんとか聞き取ることができ、カタコトの英語をしゃべれる、という方は、初級者と言う事ができ

るでしょう。 それをどんどん発展させなければなりません。

初級レベルの会話を聞き取れるようになれば、日常会話はほぼ問題なくこなせるといっていいと思います。

英語学習をする時の音声のスピードは、ナチュラルスピードが基本です。

できるだけ、自分のレベルにあった教材をナチュラルスピードで聞き取る練習をします。

しかし、初級レベルでは、多種多様な場面で使われる日常会話を聞き取るのは、困難だと思います。

ほとんど聴き取れない状態で、ただリスニング学習を続けても、いつかは嫌になり、続ける事がが困難になる可能性

もあります。私たちが、英語で苦労する理由のひとつに、「英語を日本語に翻訳しながら理解する」という悪いクセが

あります。これは、私たちが学校で受けてきた英語教育の影響ですが、克服するのはそう難しいことではありません

リスニング教材を聴き取れない時は、スピードを少し落としゆっくりきいてみましょう。

最近の各種デジタルプレーヤーは、速度調整のついたものも多く、教材のCDやDVDの再生スピードを落とすこと

ができます。遅いスピードでリスニング学習をする理由は、ふたつあります。

一つ目は、正しい英語を聞き取り、英語の基礎力を向上させるためです。

初級レベルは、ネイティブ音声とテキストを十分に活用しながら、英語の基礎力をつける時期なのです。

二つ目は、英語を文頭から聴いて、英文の語順のまま理解する力をつけるためです。

決して、頭の中で英語を日本語に訳すためではありません。

初級レベルの方が、日本語と語順の違う英文を聴いて理解しようとすると、頭が軽いパニックを起こしてしまいます。

英文は、たいていの場合、主語と述語が先に来て、修飾語が後に続きます

たとえば、

I visited museum with my friends yesterday.
私は 行った 美術館へ  友達と    昨日

日本語の場合、主語→修飾語→述語が基本的な語順。

「私は、昨日 友達と 美術館へ 行った」

リスニングができる人は、「私は昨日友達と美術館へ行った」ではなく、「私は行った美術館へ友達と昨日」と、英語

の語順のまま理解する事ができるのです。

このことを意識しながら、聴き取りにくいにくい表現をピックアップし、スピードを落としたり、元に戻したりして、英語の

まま聴き取って理解できる表現パターンを増やしていきます。

英語を直接理解することを意識して学習を続けることで、実力はどんどん向上していきます。

戻る▲TOP次へ

 

ホーム
英会話
音声スピード
耳慣れた表現
記憶力と英語
通じないカタカナの英語
PR
HOMEENGLISHSOUNDSPEEDHEARINGMEMORYDON'TKNOW
Copyright (c) EIGOAll rights reserved